役に立つ広告を作ります。

「無料相談会」修了のお知らせ

「広告宣伝に関する無料」は間もなく修了いたします
2018年の新規事業に伴い、長らくご利用いただきました「広告宣伝に関する無料相談」は平成29年12月10日の受付をもちまして修了とさせていただきます。これまでご相談いただきましたお客様との出会いに感謝いたします。ありがとうございました。
尚、12月10日までのご予約に関しましてはご相談を承ります。(相談時間は1組様40分です)
下記よりお申し込みください。
お申し込みはこちら >>
イメージ写真
「デザイン料を節約する」ということ
弊社では、デザインにお金をかける必要のない場合はアドバイスいたします。 デザインが必要か、必要でないかわからない場合はお気軽にご相談ください。
デザインには店舗の雰囲気、商品の価値、会社の誠意を視覚で正しく伝える役目があります。 たとえば、価格を追求し、できるだけいい材料を使って努力をしている飲食店があったとします。 広告や入り口の看板で「イマイチ期待できないかな〜」と視覚的に判断されてしまい、来店に繋がらなかったとすれば こんなに残念なことはありません。 看板には食欲をそそる色が必要ですし、店舗の照明の色や明るさは、無意識のうちに判断材料のひとつとなっています。
会社のロゴマーク、パンフレット、封筒や名刺にいたるまで、会社の誠意を伝えるにふさわしい書体がありますし、レイアウトに隙があれば安っぽい雰囲気を与えてしまいます。
「イメージを正しく伝える」というデザインの役目はとても重要です。
売上に大きく影響するような場合や長い間使用するものであれは、検討する必要があるのではないでしょうか。
デザイン料にはそれだけの価値があります。あなたの会社のイメージや商品価値を視覚的に伝え、来店受注に導く手助けをしています。 イメージが正しく伝わるように、誤解されることのないように注意していただきたいと思います。
看板は大切です
第一印象は大切です。お店の看板は特に重要です。
いつも車で通りすぎるだけの、ちょっと気になる中華料理店がありました。店構えや看板の色、看板の文字の雰囲気から「美味しそうだな。何だか高そうだけれどいつか行ってみたいな。」と思っていました。
そう思い続けて数ヶ月が経ったとき、看板が変わっていることに気がつき愕然としました。雰囲気が違うけれど名前は同じ、明らかにあのお店です。
>> 続きを読む